FC2ブログ
2009.07.22 天体SHOW
46年ぶりの皆既日食
太陽と月が重なるこの天体ショーは、今世紀最長の6分25秒。
この時間、どうしていましたか?

午前11時前。
朝から曇っていたから、そのまんまの空。
明るかったけど、実は部分日食が始まっていたから暗かったのかな?
建物の中から、太陽を探してみたけれど判らなかった。
仕事中なので、あまりうろうろもできず。

お昼ごはんタイム。
部分日食の終わりに間に合うかと思って外に出る。
曇っていたから日食観察用メガネなしでもいいかなー。
空を見上げたけれど、うっ
空のまぶしさが、パソコンとにらめっこの目にはきつすぎてまともに見上げられなかった涙

夜。
NHKの日食特集番組を見る。
皆既のときのコロナが周りから、ひよひよと見えていて。
真っ暗じゃないんだね。
コロナがあれだけ見えるんだから、太陽ってホント灼熱だね。
皆既になる直前と部分になる直前に見ることのできるダイヤモンドリング。
キラキラしてた。
番組では、太平洋上の船から日食を観察するツアーの様子を紹介。
皆既になったとき、撮影してくれた水平線は、
360度水平線全てが夕焼けのようになっていました。
日常では、ありえないことだよね。
上からはコロナの環、下は夕焼けの環。

神秘的な自然現象は心穏やかにしてくれる


関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://vert1525.blog39.fc2.com/tb.php/262-35177b52