FC2ブログ
明石海峡大橋
tokushima1.jpg

淡路SA に来たら、やっぱりこの景色を見ないとネ
tokushima3.jpg

大鳴門橋
tokushima2.jpg

上板SA
tokushima4.jpg

吉野川SA
tokushima5.jpg
吉野川と山々 
吉野川ハイウェイオアシスがあるよ。
オアシスの規模は、淡路の方が大きいよ。


目的地は、大歩危小歩危(おおぼけこぼけ)
次で降りて、もうちょっと走りましょ~~

お腹すいたよ~~~

祖谷(いや)そばセット
tokushima7.jpg
祖谷(いや)そばは、太くて短く平たい麺。
岩豆腐(右上)は、文字通りちょっと固めのお豆腐。

お店の裏手
tokushima8.jpg
このあたりは、小歩危(こぼけ)
川のグリーンがきれい。実物はもっときれいなんだ


吉野川が作り出した大峡谷
奇勝・大歩危小歩危(おおぼけこぼけ)
”大またで歩いても、小またで歩いても危ない”
ということからこんな名がつきました。

大歩危(おおぼけ)
tokushima9.jpg

舟くだり
tokushima13.jpg
大歩危峡約1kmを約30分で往復。
靴を脱いで船に乗るよ。

奇岩がいっぱい
tokushima15.jpg tokushima12.jpg
約2億年前の地層もあったりする。
ダイナミックさが画像だけでは伝わらず・・・残念


舟くだり券の
tokushima14.jpg
何かこのイラスト、笑えるんだけど。。。
そんなことなーーーーい?


大歩危から、30分くらい走ったかな。
次は、

国の重要有形民俗文化財
かずら橋
tokushima16.jpg  tokushima17.jpg
平家の落人が架けたとされている。野生のシラクチカズラで編んだつり橋。
高さ14m 長さ45m

踏み出して数歩
tokushima18.jpg
ゆれるゆれるゆれ~~~る
ぶれるぶれるぶれ~~~る


思ってたよりは、こわくなかったけど、端っこ持ってじゃないと渡れなかった。
隙間に足をはめそうだもん

後ろには小学3年生ぐらいの女の子。
ご両親は彼女より小さい子ども2人について渡っているため、
彼女は、一人で渡らなければいけない。
「こわい こわい」ってずっと言ってたけど、一人で渡りきってた


大歩危から小歩危の間にあった橋  赤川橋
tokushima19.jpg  tokushima20.jpg
”一切の責任は負いません”・・・けど、行ってみよぅ
tokushima22.jpg  tokushima21.jpg


tokushima23.jpg  tokushima24.jpg
かずら橋とはまた違った揺れが。。。。
それに距離も長いし。
向こうまで渡らず(たぶん1/3ぐらい)戻る。
きっと ”一切の責任は負いません” に脅されてのだと思う。
にゃはー。


道端のお花
tokushima25.jpg
ホッ


釜揚げしらす丼 淡路SA
tokushima27.jpg
わさび醤油をかけて、いただきま~す

ホントは、上板SAで ご当地バーガーの ”阿波尾鶏バーガー” 
を食べたかったんだけど、売り切れだったのだぁ


ライトアップされた明石海峡大橋
tokushima26.jpg
こうなるの判ってて撮りましたが、それが何か???


おみやげ
tokushima29.jpg  tokushima28.jpg  
徳島は、すだちが名産。わかめも買ったよ
ポンジュースは愛媛。
キティは、土佐犬(右)とキウイフルーツ(左)だよ

関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://vert1525.blog39.fc2.com/tb.php/411-04e18d77