FC2ブログ

続きましては・・・・
鳥取県の賀露(かろと読みます)でのお昼ごはんです。

ホタルイカのしょうゆ漬け またまたおいしいっ♪
kai1
ちょっと一杯ほしいな。

海鮮丼 お魚のボリュームが違うよね。
kai2
副菜の鉢数も多い。

そしてそして、今回のメイン~。
『岩ガキ』
見て見てっ、この大きさっ。
kai3
このプルップル つやっつや 新鮮そのもの。
kai4
レモンかけていただきました。
いやぁもぅ、見た目どおりのプルプルでジュルっとあっという間にお腹へ。
臭みもまったくなく、レモンとカキのエキスで満たされた。
 【新鮮でおいしいものは臭くない】
Angie-Angieの自論がまた増えました。

こんな大きなカキを生で食べられるなんてシアワセ
都会では、あまり生では食べないよね。新鮮味に欠けるから。
でもって、フライやカキごはんになるような小さなものしかお目にかからない。
鳥取では、この時期が岩ガキの旬なんです。

海鮮市場では、普通に岩ガキが売られています。
”夏輝”ってかいてあります。
どれもこれも凶器になりうる大きさです。
他にも見たこともない魚や貝が売られていて、ワクワクします。


また貝を食す。
ヨナキ貝のバター焼き
せっかくだから、知らない海の幸を食べようと思ったこのチャレンジャー精神。
固めの貝で歯ごたえばっちり。
もぅおいしいしか言えないっ。
kai5
ごちそうさまでした jumee

================================================

お次は、”鳥取砂丘情報館サンドパルとっとり”で開かれている『砂の美術館』へ。
砂像彫刻家たちによる、世界遺産・アジア編。

sakyu1
<兵馬俑:中国> 

sakyu2    sakyu3
  <人頭有翼の雄牛像:イラク>       <カジュラホ寺院の壁画:インド>


sakyu4
<タージマハル:インド>


sakyu5 sakyu6
<バーミヤン大仏と石窟:アフガニスタン>      <アンコールトム:カンボジア>


砂の美術館方面から、砂丘方向を眺める。
涼しげに文章をつづっていますが、実はこの日はすんごく暑かった。
ここは風が通って気持ちよかった。
sakyu7

sakyu8
<万里の長城:中国>


sakyu9
<姫路城:日本> この作品は日本人が製作


sakyu10
<万里の長城:中国>

この画像を撮影した後、ハプニング発生。
この日も足元は、例のクロックスのササリ。
ふみどころをあやまったのか、左足首をグネっとし、しりもちこけしました泣
若干砂まみれの足から、確実に砂まみれの足へ。


砂の美術館はここまで。
とにかく暑くて暑くて、オアシスを求め、カキ氷食べた。

”鳥取砂丘情報館サンドパルとっとり”内の
お土産コーナーにあった砂像レリーフ。
<大国主命と白兎 >
sakyu11

変な色撮影ですみません。
レジ袋。
sakyu12
野菜も安くて新鮮なものが売られています。
海鮮と同様ワクワクします。


おわり



                                                
関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://vert1525.blog39.fc2.com/tb.php/51-584227a2